ジュディのGTAオンライン特集 by ライデン村上 [GTA5/RDR2/GT SPORT]

主にPS4版ゲームタイトル「グランドセフトオートV (GTA5) 」のGTAオンラインについての記事をご紹介しています♪他にもRDR2とレッド・デッド・オンライン、グランツーリスモ Sportの記事もあります(笑)まだまだブログ製作は研究途中ですが、何卒よろしくお願いします(^^ゞ ※現時点では当ブログの広告は全て「はてなブログ」によるものであり、当方は広告収益を得ておりません。

GT SPORT:19年8月27日アップデート(グランツーリスモ®SPORT)


[GT SPORT/PS4 Pro] アプデ配信:BENI インプレッション(グランツーリスモ®SPORT)

 

こんにちは、感謝してます(^^ゞ

昨日8月27日(火)、グランツーリスモ SPORTにアップデートがやって来ました!

山内さん、グランツーリスモ製作陣の皆さん、本当にありがとうございます♪

 

頭文字Dでお馴染みの池谷先輩のS13シルビア、イツキのハチゴー(本当はAE86(笑)、秋山渉のハチロク・レビンのカーリバリーはディスカバーのギャラリー欄よりお借りしました!

提供してくださった方も本当にありがとうございました(^^ゞ

それ以外のS2000GTOのリバリーはデカール(ナンバープレート)をお借りして自分で作ったものです(*-*)/

レッドブル・リンクの雨(ウェットコンディション)も、タイヤが食わない感じや滑りが止まらない感覚など中々面白かったです(笑)

 

それでは、内容を見て行きましょう!

 

トヨタ カローラレビン(AE86):83年式

f:id:raiden497murakami:20190827220026j:image

19年4月23日に世界中のグランツーリスモユーザーが歓喜した「AE86 トレノ」の追加に続いて、今回「AE86 レビン」も収録されました!

いやぁ、グランツーリスモの粋な計らいには本当に嬉しくなりますね♪


f:id:raiden497murakami:20190827220132j:image

やはり頭文字Dでは秋山 渉(わたる)がレビン使いであるということで、早速カーリバリーも作成&公開してくださっている方がおられました(^^ゞ

作中の彼のレビンは本当はターボ仕様なのですけど(笑)


f:id:raiden497murakami:20190827220104j:image

 そして本来はAE86ではないものの、拓海の友達のイツキ(武内 樹)がAE85(ハチゴー)のレビンをAE86と間違えて購入してしまったというエピソードがあり、それを模したカーリバリーも作成&公開されていました!ブレーキングでリアが浮き過ぎですね(笑)


f:id:raiden497murakami:20190827220148j:image

なぜなら、このイツキのハチゴーの走りの再現に至っては足回りやデフはノーマルのままで、つまりスッカスカのサスでロール量がひどく、LSDも効いていないので片輪だけ多くスピンしまくる仕様としています(笑)

 

日産 シルビア (S13):90年式

f:id:raiden497murakami:20190827220212j:image

続いて当然の如く、あの「秋名スピードスターズ」創設者の池谷先輩のS13 シルビアのリバリーも作成&公開されていました♪

頭文字Dの池谷先輩のS13はそこまで車高は下げられておらず、特にエアロのバンパー類などは装着されていません!

 

f:id:raiden497murakami:20190827220254j:image

作中の池谷先輩の走り方は基本的にグリップ走行なので、拓海のようにコーナー入り口からドリフトに持ち込むような走り方はせず、出口で「ケツを流す」程度のドリフトを楽しんで練習していますね(*-*)/


f:id:raiden497murakami:20190827220040j:image

こちらはナンバープレートのデカールはお借りして 、ライデン村上自身がホイールをチョイスして仕上げたカーリバリーです♪

赤い車体に白いホイールにしました(^^ゞ


f:id:raiden497murakami:20190827220240j:image

車高は池谷先輩よりは下げ気味でバネレートも固めているので、特にニュル北のような路面では結構パキパキした動きが時代を感じさせます(笑)

 

ホンダ S2000:99年式

f:id:raiden497murakami:20190827220122j:image

以前にアミューズ号のS2000は収録されましたが、「市販ノーマル仕様のS2000も遂に来たか!」といった感じで登場です♪


f:id:raiden497murakami:20190827220110j:image

こちらもお借りしたナンバーデカールと、似合いそうなホイールをチョイスでリバリーを作成しました(^^ゞ


f:id:raiden497murakami:20190827220108j:image

もちろん頭文字Dのゴッドアームこと城島 俊也の再現リバリーもあると思いますが、今回は自分のリバリーでインプレッションすることに(笑)

早速、筑波サーキットの試乗では350馬力までパワーアップし足回りも固めて挑みました!


f:id:raiden497murakami:20190827220048j:image

エンジン音が本当に素晴らしいサウンドで すが、リアのバネレートを結構硬めにしておかないとリアが滑りにくく(アンダー気味で)ドリフトを維持しにくかったです(笑)

 

スバル インプレッサ クーペ WRX Type R STi バージョンIV:99年式

f:id:raiden497murakami:20190827220157j:image

こちらのインプレッサは以前にも同じ感じのモデルが追加されていましたが、どういう訳が少しグレードが高そうなモデルとしてもう1台収録されました)^o^(

ただしインプレッサのイメージカラーであるWRブルー色はラインナップには存在せず、今回この濃いブルーやガングレーといったカラーを選んでみました♪

 

f:id:raiden497murakami:20190827220244j:image

やはり4駆ということで、レッドブル・リンクのウェットコンディションをラジアルで走ってみました!さすが4WDの安定性は素晴らしいです♪


f:id:raiden497murakami:20190827220054j:image

ただし調子に乗ってスピードを出し過ぎたりブレーキが遅いと飛んでいきます(笑)

 このモデルでも頭文字Dの藤原 文太のモデルを再現するのもいいですね(^_^)b

 

三菱 GTO ツインターボ:91年式

f:id:raiden497murakami:20190827220151j:image

三菱のメーカーにも新しい動きがあり、とうとうあの三菱の戦闘機(!?)であるGTO ツインターボもやって参りました!

新車ラインナップには無い緑色系のオールペンも施してみたら、結構アメリカンになりました♪


f:id:raiden497murakami:20190827220207j:image

これは純正カラーのブルーで、600馬力(MAX)までパワーアップさせて首都高C1を周回してみました! 

車体が1700kgと相当重いので、早めのブレーキでガリガリ君を回避しながら走るのは面白かったです(笑)


f:id:raiden497murakami:20190827220144j:image

やっぱり三菱にも90年代のハイパワー嗜好な車も追加されて嬉しいですね~)^o^(

次に三菱に新らしい車種が追加されるなら、FTOとか来てくれませんかね(笑)

 

レッドブル・リンク(雨):コース(コンディション)

f:id:raiden497murakami:20190827220248j:image

現時点でドライビングスクールを除いて自由に雨のコンディションで走ることができる、唯一のレッドブル・リンクをレビンでも試乗してみました! 


f:id:raiden497murakami:20190827220220j:image

このように運転席ではフロントガラスに雨粒が散り、ワイパーが動いています♪


f:id:raiden497murakami:20190827220235j:image

 雨に濡れた路面の水飛沫(しぶき)が後方に跡を引きます!

後ろを走る車がいたら前が見えなくて大変かもしれませんね・・・(笑)


f:id:raiden497murakami:20190827220135j:image

 車内視点でシフトチェンジの瞬間を狙いましたが、足元をよく見ると常に左足はブレーキペダルの上に置きっぱなしでした(笑)

VRならいつでも車内を見渡せるみたいなので、そちらも楽しそうですね~)^o^(


f:id:raiden497murakami:20190827220216j:image

 レッドブル・リンクのホームストレート!

やはり天気が良くないということで全体的に暗いです(*-*)


f:id:raiden497murakami:20190827220029j:image

ストレートエンドは少しだけ坂が下っていますが、場所によって雨の水溜まりがビチョビチョなのが分かりますね)^o^( 


f:id:raiden497murakami:20190827220201j:image

 元気の良い車なら180km/h以上は出ますが、そんなにスピード出してハイドロは大丈夫なんでしょうか(笑)

※ハイドロ・プレーニング現象:主に高速道路などで雨に濡れた路面でスピードが出すぎると、タイヤの設置感が無くなりハンドルやブレーキが極端に効かなくなる恐ろしい現象。

 

おまけ:秋名スピードスターズ(スケープス)

f:id:raiden497murakami:20190827220034j:image

グランツーリスモ SPORTで頭文字Dの池谷先輩、イツキ、そして拓海のみんなで「秋名スピードスターズ」ごっごと来ました(笑)


f:id:raiden497murakami:20190827220154j:image

また我々のパロディ作品「頭文字GT Sport Stage」で走らせることで、しげの秀一先生にも喜んで貰えたら嬉しいのですが(^^ゞ

 

どうも、ありがとうございました♪

 

f:id:raiden497murakami:20190827221710j:image
Powered by SHAREfactory™

 

www.gran-turismo.com