ザ・ライデン村上ブログ(スクリーンショット倉庫)

ライデン村上が好きなゲームのスクリーンショットなどを「倉庫」のように利用させていただいています。

RDR2:ストーリー挿入歌「That's the way it is」の歌詞と日本語意訳について

f:id:raiden497murakami:20191019184619j:image

こんにちは、感謝してます(^_^)b

 

ロックスターゲームス製作の「レッド・デッド・リデンプション2」の挿入歌で、尚且つクライマックス曲である

「That's the way it is(ザッツ・ザ・ウェイ・イット・イズ)」

の歌詞と意訳について注目してみました。

 

決して明るく楽しい曲ではありませんが、主人公のアーサー・モーガンの物語に終止符が打たれる間近の演出としては、まさにサブ・エンディング曲であり、ロックスターの素晴らしい作品に対して「称賛に値する挿入曲」だと感じました。

f:id:raiden497murakami:20191020225437j:image

 

まずはこちらのYouTubeに投稿されたサウンドトラックと、英語歌詞と共に当方なりの視点や見解で意訳した歌詞をご覧ください♪

 

 ※こちらの記事では一応「引用」という掲載方法に基づいて、歌詞と訳詞の両方を掲載させていただいております。

 

※掲載しているスクリーンショットは、ロックスター公式からお借りしたものや、当方が録画したゲーム映像のビデオクリップからキャプチャーしたもので構成されています。

 

※日本語訳詞はあくまでもライデン村上自身の解釈・見解、素人翻訳技術(笑)で構成されたものであり、必ずしも内容が合致しているとは限りません。

それでも一生懸命、調べたり考えたりしました!

 

※まだRDR2のストーリーをクリアされていない方は、ネタバレ的な要素も含みますのでご注意ください。

 

タイトル:That's the way it is

(ザッツ・ザ・ウェイ・イット・イズ)

作詞者:Daniel Lanois

(ダニエル・ラノワ)


The many miles we walked

数え切れない道のりを歩み


The many things we learned

実に多くのことを学んだ

 

The building of a shrine

築き上げた信念は


Only just to burn

今ここで崩れ落ちる

 

May the wind be at your back

君に追い風が吹くようにと


Good fortune touch your hand

幸運を祈って手を差し伸べて


May the cards lay out a straight

まるで真っ直ぐ並んだカードのように


All from your command

全ては君の仰せに

 


That's the way it is

そういうものなのさ


That’s the way it is

そういうものなのさ

 

That's the way it is

そういうものなのさ


That's the way it is

そういうものなのさ

 


Blue heron leaves the northern sky

青サギが北の空から飛び立つ

 

Trusts the journey to new heights

新天地に辿り着くことを信じて

 

What’s the meaning of the scar

あの傷は一体どうしたのだろう

 

If we don't know how to heal

手当てすらしてやることもできないが

 

Should we ever be apart

これも諦めるべきことなんだ

 

Then how does it feel

あの時そう思ったはず

 

 

That's the way it is

そういうものなのさ


That's the way it is

そういうものなのさ

 

That's the way it is

そういうものなのさ


That's the way it is

そういうものなのさ

 


Shine light into darkness

輝きが失われてゆく


Shine light into darkness

輝きが失われてゆく

 


That's the way it is

そういうものなのさ

 

That's the way it is

そういうものなのさ

(So many miles to walk)

(数え切れない道のりを歩んだ)

 

That’s the way it is

そういうものなのさ

(So many things we’ve got to learn)

(多くのことを学ばなければならなかった)

 

That's the way it is

そういうものなのさ

(Oh,that’s the way it is)

(ああ、そういうものなんだ)

 

That's the way it is

そういうものなのさ

(Oh)

(ああ)

 

That's the way it is

そういうものなのさ...

 

f:id:raiden497murakami:20191019194048j:image

ライデン村上の解説(※ストーリーのネタバレが含まれます)

記事の冒頭でも述べました通り、本作「レッド・デッド・リデンプション2」のクライマックス曲である

「That's the way it is(ザッツ・ザ・ウェイ・イット・イズ)」 

 ですが、当方自身はRDRシリーズを「ロックスターゲームス 魂の傑作」と高く評価しています。

タイトルやフレーズの「That's the way it is」とは簡単に言いますと「それは、そういうものだ」「そんなもんさ」といった意味合いで使われることが多いそうです。

f:id:raiden497murakami:20191020131527p:image

本作のストーリーモードでアーサーを主人公として物語を進めた立場からすると、やはり「(世の中)こういうもんなのさ」とか「(こうなったのは)仕方のないことだ」と、ある意味「諦め」のような台詞にも聞こえてきます。(決して捨て台詞という訳ではありません。)

 

アーサー自身は過去に息子がおり(アーサーの子供を産んだ女性とは正式に結婚していたかは不明で、その息子自身は亡くなっている)、その後はメアリーという綺麗な女性と人生をやり直そうと努力した時期もあったそうですが、やはりダッチギャングの古参メンバーとして「俺は無法者としての生き方しかできない」というジレンマに苛まれる描写が多々見受けられました。

f:id:raiden497murakami:20191020221034j:image

f:id:raiden497murakami:20191020131555p:image

また、アーサーは「ダッチの右腕」と言われるほどリーダーのダッチからの厚い信頼、ギャングメンバーから頼られる存在、そして法の執行者たちからは恐れられる存在であり、最後まで様々な葛藤とも闘いながら物語の舞台から降りて行きました。

 

 そして本作ではアーサーというキャラクター自身を無法者ながら、困っている人に対して救いの手を差しのべたり、親切にしたりする行動を多く取ることによって、名誉レベルを高く保ってエンディングを迎えることもできます。

この記事で紹介している「That's the way it is」は、アーサーのラストミッション中の歌の合間に、アーサーによって助けられた人々からの感謝の声が甦ってくる描写があります。

f:id:raiden497murakami:20191020160321j:image

f:id:raiden497murakami:20191020153841j:image

彼の回想と言いますか、この曲とアーサーの歩んで来た苦難の道のりが絶妙にマッチしており、アーサーの脳裏に甦る数々の人たちの「ありがとう」という言葉が「涙無しには観られない」という感動の演出となっています。

確かにアーサーは結核に感染したことより肺を患ってしまい、死期を悟っていました。

それでもアーサーはアーサーなりに、自分の生き様を貫こうとしました。

 

お恥ずかしながら大の大人の男である当方自身も、このシーンは泣きながらプレイしたのを覚えています。

アーサーのことを思うと本当に胸が一杯になりました。

そしてこのサウンドトラックをおそらく5,60回以上は聴いていますが、そのうち30回近くは泣いています(半笑)

f:id:raiden497murakami:20191020225313j:image

f:id:raiden497murakami:20191020152023j:image

 本当にアーサーは「これが俺の定めなんだ」と言わんが如く、

変えられないんだ=仕方ないんだ=そういうものなのさ=

「俺の人生は、そういうものなんだ。」

という意味に受け取ることができ、のべ1ヶ月掛けてストーリーをクリアした当方にとっては、どうしてもアーサーに対して感情移入してしまうのです。

 

その後、アーサーが愛した(今でも愛している)女性であるメアリーも彼の死を知り、エンディングではお墓参りをするシーンがありました。

今でもアーサーを想う彼女にとっても、そしてストーリーをクリアした我々にとっても「何とも言葉にはできない」場面ではないでしょうか。

エピローグにおいてもジョンやアビゲイル、ジャック、おじさん、チャールズ、セイディ達の心の中ではアーサーの正義は生き続け、彼らに多く影響を与えています。

f:id:raiden497murakami:20191020151951j:image

f:id:raiden497murakami:20191020163346j:image

もちろん、エピローグでジョンが再開することができるメアリーベス、ティリー、ピアソン、”雨の到来”たちの心からも忘れ去られることはありません。

 

アーサーが仲間の為を想って全力を出し切った行動は、実に数多くの人々に勇気と感動を与えました。

そしてアーサーの善の行いは、かつての仲間達から感謝され続けています。

 

つまり、アーサーの物語を思い出すのに最も感極まる曲であり、RDR2のサウンドトラック曲の中でも当方自身が1、2位を争う「好きな曲」のひとつであります(^_^)b

 

翻訳について

場合によっては英語歌詞の意訳は難しく、人それぞれの訳し方、解釈や見解も異なります。

何が良い悪いもなく、どれも「みんな違ってみんな良い」と思います。

もしRDR2やストーリーの世界観を全く知らない方がただ単に歌詞を訳した場合も、全く違った訳詞になるかもしれません。

f:id:raiden497murakami:20191020152153p:image

また、ハリウッド映画の字幕でも結構ひねりを効かせた翻訳や、簡単に意味を理解する為の翻訳も観る機会があり、「直訳ばかりでは変な日本語になってしまう」「必ずしも英語の意味通りに訳さなくても良いのかな」という気持ちで意訳に挑戦しました。

 

とにかく当方自身がこの曲の大体の意味を知りたくて始めたことなのです。

完璧に訳せてなかったり間違った箇所もあるかと思いますが、そこは愛嬌でご容赦いただけましたら幸いです(笑)

それでも大体の意味でよろしければ、まあまあ合ってると思いますので、もし参考になればと思います(^^ゞ

 

f:id:raiden497murakami:20191019193916j:image

ライデン村上の更なる考察

実は2番目の歌詞の「青サギ」は「ジョン・マーストン」について比喩している?とも受け取れなくはないと気付きました。

もしかすると、この曲が流れた後のアーサーがジョンを逃がす時に、

 

Blue heron leaves the northern sky
ジョンが最後の潜伏地を離れる

 

Trusts the journey to new heights

アビゲイルとジャックと幸せな家庭を築ける事を信じて

 

What’s the meaning of the scar

あの顔の傷跡が意味するものとは

 

If we don't know how to heal

上手く励ましてやることもできないが

 

Should we ever be apart

(俺たち)俺はここで手を引くべき潮時なんだ

 

Then how does it feel

あの時はどう感じていただろう

 

といった感じに思えました。

f:id:raiden497murakami:20191020131415p:image

つまりアーサーから見たジョンについて、思ったことを言っているのではないか?という可能性も否定できなくなってきたのです。

もちろん「もしかすると」ですよ(笑)

 

RDR2へ感謝の意

こんなにも感動できる作品を製作してくださったロックスターの皆さん、声優陣の皆さん、そして「レッド・デッド・リデンプション2」の製作に携わった全ての方々に感謝申し上げます(^^ゞ

当方は西部劇やRDRシリーズを好きで本当に良かったと思います♪

 

f:id:raiden497murakami:20191019193858j:image

元の英語歌詞のみはこちら♪

タイトル:That's the way it is

作詞者:Daniel Lanois

 

The many miles we walked
The many things we learned

The building of a shrine
Only just to burn

May the wind be at your back
Good fortune touch your hand
May the cards lay out a straight
All from your command


That's the way it is
That’s the way it is

That's the way it is
That's the way it is


Blue heron leaves the northern sky

Trusts the journey to new heights

What’s the meaning of the scar

If we don't know how to heal

Should we ever be apart

Then how does it feel

 

That's the way it is
That's the way it is

That's the way it is
That's the way it is

 

Shine light into darkness
Shine light into darkness


That's the way it is

That's the way it is

(So many miles to walk)

That’s the way it is

(So many things we’ve got to learn)

That's the way it is

(Oh,that’s the way it is)

That's the way it is

(Oh)

That's the way it is

 

f:id:raiden497murakami:20191019193825j:image

日本語歌詞のみがこちら♪

タイトル:ザッツ・ザ・ウェイ・イット・イズ

作詞者:ダニエル・ラノワ


数え切れない道のりを歩み

実に多くのことを学んだ

築き上げた信念は

今ここで崩れ落ちる

君に追い風が吹くようにと

幸運を祈って手を差し伸べて

まるで真っ直ぐ並んだカードのように

全ては君の仰せに


そういうものなのさ

そういうものなのさ

そういうものなのさ

そういうものなのさ


青サギが北の空から飛び立つ

新天地に辿り着くことを信じて

あの傷は一体どうしたのだろう

手当てすらしてやることもできないが

これも諦めるべきことなんだ

あの時そう思ったはず


そういうものなのさ

そういうものなのさ

そういうものなのさ

そういうものなのさ


輝きは失われてゆく

輝きは失われてゆく


そういうものなのさ

そういうものなのさ

(数え切れない道のりを歩んだ)

そういうものなのさ

(多くのことを学ばなければならなかった)

そういうものなのさ

(ああ、そういうものなんだ)

そういうものなのさ

(ああ)


そういうものなのさ...

 

f:id:raiden497murakami:20191020225343j:image

f:id:raiden497murakami:20191020152228p:image

 

当方お気に入りのサウンドトラックを厳選した”オリジナル”のRDR2サウンドトラックです♪

 

以上です(^_^)b

どうも、ありがとうございました♪

 

※すべての記事について

最後までご拝読ありがとうございました!
当方がレッド・デッド・リデンプション2ついて掲載している記事の内容は、必ずしも100%絶対に正しいという保証はありません。
参考になった方は記事の内容を信じていただいて構いませんし、参考にならないという方は信じなくて構いません。
また、誰かと論争する気も一切ありませんので、何事にも批判的な方はコメントしないでください。

 

※コメントに関する注意とお願い

投稿いただく前に、それを読んだ人が楽しくなるような内容、分からないこと、コツや質問などに限定させていただきます。
初対面でタメ口、どうでもいい内容の話、意味不明な書き方、悪口、愚痴、文句、不平不満などの魅力のないコメント、不快なコメント、何事にも感謝できない人、他人を尊重できない人は1発で削除やIPブロックさせていだだく場合があります。
どうせなら皆さんが読んでいて気持ちがよいコメントをしましょう♪
ご協力ありがとうございました(^^ゞ